事業紹介

Business Introduction

日本の物流に、
新しい未来を。

「物流施設をつくる企業」から「ものの流れをデザインする企業」へ。
日本の物流における新しい未来の実現に向けて、日本GLPでは3つのセグメントを軸に、事業を展開しています。

開発・アクイジション事業

GLPは、物流施設の開発・運営における
プロフェッショナルとして、
お客様の幅広いニーズに応える先進的物流施設の
開発や既存物件の有効活用を行っています。

新規開発

マルチテナント型開発

複数のお客様向けに、汎用性のある設備や共有スペースを備えた開発を行い、便利でコスト効果の高い物流施設を提供します。
市場調査と経験を駆使し、最も戦略的な用地を選択した上で、高品質なマルチテナント型物流施設の土地の選定・取得、設計、施工、運営・管理を一括して行います。

ビルド・トゥ・スーツ型開発

お客様がご要望される立地や設備に合致した、お客様専用施設の開発をオーダーメイドで行います。
用地の選択から施設の建設・管理・運営までの全てを、お客様の新たな施設へのご要望に沿ってカスタマイズし、一括して行います。

既存物件の有効活用

セール・アンド・リースバック(オーナーチェンジ)

お客様が所有・ご使用されている施設をGLPが取得、お客様にリースバックすることにより、施設を引き続きご使用いただく方法です。それにより、お客様は従来と変わらない施設の利用とバランスシートの改善が可能となります。

既存物件の再生・空室物件の活用

「利用の目途が立たない」「設備の更新に多大なコストがかる」等、活用が難しい既存物件であっても、GLPのリノベーション・リーシングノウハウを駆使し、お客様の課題に合わせたソリューションをご提供します。

リーシング・施設運営事業

日本GLPは物流施設専門のデベロッパーとしての実績を活かし、
お客様の物流戦略をともに考え、最適な施設を提供いたします。
約120棟の施設開発・運営の経験から培った、豊富なノウハウにより、
お客様の物流拠点運営を長期的にサポートいたします。

※2020年6月末時点(開発予定含む)

社内にプロパティマネジメントとエンジニアリングの専門チームを有しています。社内で一体となって、施設の運営管理を行うことで、スピーディーできめ細やかな対応を常に 心がけています。

マルチテナント型物流施設に入居しているカスタマーを対象に毎年、満足度調査を行っています。2019年度は「日本GLP継続利用の意向」において97%という高い評価をいただきました。

ファンドマネジメント

GLPでは機関投資家との長期的な
パートナーシップのもと、
グローバルでの知見を活用しながら、
施設開発などの事業を展開しています。
その投資プラットフォームは、
堅調に拡大しています。

運用資産の成長

GLPは物流セクターとその関連テクノロジーへの投資に特化し、不動産およびプライベートエクイティファンドにおいて、約890億米ドルの運用資産を有する世界的な投資会社であり、日本での運用資産は約2兆2,000億円(2020年6月現在)です。

グローバルのファンドマネジメントについて(※グローバルサイトへ)

キャピタル・リサイクル戦略

GLPではグローバルで「キャピタル・リサイクル戦略」をかかげています。
物件売却により資金調達を行い、次の物件開発にあてることで資金の効率化を図っています。

GLP投資法人について

PAGE TOP

Contact

施設や入居についてのご相談、日本GLPへの用地のご紹介に関するお問い合わせなどを以下のフォームよりお受けしております。