自然のチカラを、
持続可能な
エネルギーに。

The power of nature for sustainable energy.

物流施設も、データセンターも、
私たちが所有する施設では
多くの電力が使われています。
それと同時に、クリーンエネルギーを生み出す
多くの施設を保有しています。

電力需要家・発電事業者として、
企業活動に必要な電力を100%、
クリーンエネルギーに転換できないか。

私たち日本GLPだからこそ出来る、
新しいエネルギーシステムをカタチに。

より持続可能な社会に向けて。
新技術への投資も積極的に行い、
エネルギー分野における
“新しい流れ”を創り出して行きます。

日本GLPが目指す
再生可能エネルギー事業

風力や太陽光から生み出された自然エネルギーは再生可能エネルギーと言われ、
発電時にCO2などの温室効果ガスを排出しない「クリーンエネルギー」です。
日本GLPが保有する施設で生み出されたクリーンエネルギーを自社プラットフォームを活用し、
パートナーの皆様へ無駄なく循環していくことにより、
脱炭素社会における新しいエネルギーシステムを構築していきます。

  • 発電容量

    1,500MW+のポートフォリオ
    保有を目指す

  • 電力取引

    電力アグリゲーターとして
    安定した需給調整機能を提供

  • 循環

    GLP保有施設の皆様へ

事業の特徴

国内最大級の発電力と、自社プラットフォームによるタイムリーな需給調整力により、
クリーンエネルギーへの切り替えを強力にバックアップします。

Point 01

太陽光や風力などによる、
環境負荷が少ない発電方法

太陽光や風力による環境負荷が少ないクリーンエネルギーを、日本GLPが保有する全国の施設で発電。
今後、新技術へも積極的に投資を行い、太陽光と風力以外の発電方法も着手していきます。

Point 02

国内最大級のクリーンエネルギー
ポートフォリオを保有へ

今後も増えていく電力需要を見越し、2030年代には1,500MWのクリーンエネルギーを発電できるようポートフォリオを拡大予定です。
また、物流不動産事業で培った要地選定のネットワークとノウハウを活かし、発電所の買収や新規開発を進めるだけでなく、発電所以外のインフラアセットへも投資を進めていきます。

Point 03

持続的な安定供給を実現する
電力の需給調整機能

天候によって発電量が大きく左右されるクリーンエネルギーは、普及が進むにつれ、供給が不安定になるという課題を抱えています。 しかし、自社発電所、契約発電所、電力卸市場などから電力をバランスよくミックスしてタイムリーに需給調整を行う自社プラットフォーム「FPS」により、環境変化に左右されず、安定的に供給することを実現。

FPSについて詳しくはこちら

日本GLPでは、物流施設の開発・運営だけではなく
クリーンエネルギー導入のサポートや、電力の売買、
再生可能エネルギー分野における事業提携、アセットの売買にも今後注力していきます。
事業に関連するお問い合わせは、以下よりご連絡ください。

再生可能エネルギーに関する
お問い合わせ

PAGE TOP

Contact

施設や入居についてのご相談、日本GLPへの用地のご紹介に関するお問い合わせなどを以下のフォームよりお受けしております。